顔面神経麻痺とは?原因&症状について

♣顔面神経麻痺とは?

顔面神経麻痺とは、顔面神経によって支配されている顔面筋の運動麻痺です。急性あるいは亜急性に発症します。原因疾患が明らかな症候性顔面麻痺と、明らかな原因が不明な特発性面神経麻痺に分類されています。

原因疾患として、ヘルペスウイルス感染症で多くて、典型的には口唇ヘルペスを以前患った方が突然の顔面神経麻痺で発症します。ほかには腫瘍や代謝疾患が原因となる場合もあります。顔面神経は、運動神経以外にも舌の前3分の2の味覚を伝達したり、アブミ骨筋という音量を調節する小さな筋を支配しています。

♣顔面神経麻痺の原因

特発性顔面神経麻痺の原因はいまだ不明ですが、考えられる可能性としては寒冷曝露、アレルギー、局所浮腫、ウイルス感染などがあります。

いずれにせよ、顔面神経は顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ますが、何らかの原因で顔面神経がはれると顔面神経が圧迫され麻痺が現れると考えられています。

♣顔面神経麻痺の症状

顔面神経麻痺の典型的な症状は以下のとおりです。

①男女差、年齢層に関わらず、突然始まる片側顔面筋の運動麻痺が主な症状です。

結局、額にしわを寄せられない、眼を閉じられない、口角が垂れ下がる、口を尖らせて口笛がふけなくなる、口角からよだれが垂れる、などの症状が起こります。

②麻痺側の耳が過敏になり、音が大きく響くように感じることがあります。

③麻痺側の舌の前方3分の2の味覚障害を伴うことがあります。典型的な訴えとしては、ものを食べた時、金属を口に入れたような感じがするというものです。

④眼が閉じにくいため、涙で目を潤すことができない、夜間などに角膜が乾燥しやすくなります。そのため、角膜に潰瘍ができることがあります。

⑤比較的予後は良好で、数カ月で自然治癒することもあります。

⑥治癒が完全でない場合には、顔面麻痺が残ることがあります。

また、再生した顔面神経が本来の支配先と異なった筋を支配してしまった場合には、口を閉じると眼が一緒に閉じたり、熱いものや冷たいものを食べた時に涙が出たりする異常連合運動が起こることがあります。