女性マッサージこの顔面痙攣5つの部位は、いかなる食品を食べるのに勝る

このマッサージの手法を見て、あなたの妻あるいはあなたの妻を教えてあなたに母親にマッサージするようにしましょうか?何のサプリメントも食べて.女性は毎日この5つの特区の保健時、新陳代謝を促進し、デトックス清体を促進することができて、それによって体の仙丹仙丹、抗老化の効果を達成することができます.

1:p>特区一:腹へそ

お腹脂肪、便秘予防と便秘を予防する.

腹臍帯は養生の専門家が重視の保健要塞、漢方医は腹中央へそを神闕.腹にこすり臍帯に刺激、調理、しかし益の肺固腎臓を鎮めて宁心、舒肝胆汁分泌促進,通利の三焦、病気を予防してトレーニング.

は、動脈硬化、高血圧、高脂血、糖尿病、脳血管疾患,顔面痙攣、肥満症に良好な補助治療効果があります.

ヘルスケア、適度に力を入れ、呼吸も自然、時計回り方向はほぞに巻いて腹を揉ん.

日頃運動不足の人の群れ、提案を暇な時や散歩の時に手をたたく(週波数を交互に1秒間に一度)の下の腹部にじゅう分、新陳代謝を促進する腹部の役割.

特区二:耳

養生キーワード:予防耳しもやけ、助けの養腎臓.

p>話し<漢方腎耳を経って、よく耳介対策に耳を果たすことができるしもやけ、健壮腎腰、養生延年の役割.

P保健方法:いち、引上げ耳たぶ:両手人差し指を入れて耳珠の内側の後、人差し指で,親指引上げ耳珠、耳たぶ、内から外の手法は軽いので、重い、引っ張って力ない痛みを感限り、毎回さん~ご分.

に、手摩耳介:を両手に空拳、親指、食二つに沿って耳介に往復ツイ摩まで耳介充血発熱.

さん、引上げ耳先:両手親指、人差し指を挟んでつまん耳介先端に組み、もんで、ピンチ、摩擦じゅうご~にじゅう度、局部の発熱が赤く.あらゆるせ、鎮痛、清脳明目、解熱などの効果.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です